横浜・赤レンガ倉庫にて「ねずみくんのチョッキ展」9月10日開催

世代を超えて愛される絵本「ねずみくんのチョッキ」。この名作の誕生45周年を記念して、初めての大規模展覧会「誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界」が開催されます。

会期:2020 年 9月10日(木)~ 9月27日(日)

特設ウェブサイト:https://www.poplar.co.jp/pr/nezumikun45th/exhibition/


横浜赤レンガ倉庫会場に、絵本原画、ラフスケッチなど約150点を展示し、名場面に入れるフォトスポットも設置。

会期中はねずみくんの耳とチョッキのプレゼント(なくなり次第終了) 親子3世代で楽しめる展覧会です。


「ねずみくんのチョッキ」について

1974年刊行した、世代を超えて愛される絵本。シリーズ累計400万部を超え、現在36巻まで続く人気作は、作家・なかえよしを、画家・上野紀子夫妻の共同作業によって生まれました。共通するテーマは「思いやり」と「ユーモア」。いまの時代を生きるこどもたちにとって、大切なものが描かれています。


この名作の誕生45周年を記念して、初めての大規模展覧会「誕生45周年記念 ねずみくんの今も多くの人々から愛され続ける横浜赤レンガ倉庫をかわきりに、静岡県の藤枝市郷土博物館・文学館や東京都の松屋銀座などを巡回予定です。


展覧会オススメポイント

1.150点の絵本原画、ラフスケッチなど一堂に展示

シリーズ最新作を含む絵本原画、スケッチなど約150点を展示。また、上野さんが絵を手掛け、小学校の教科書にも掲載された『ちいちゃんのかげおくり』の原画や、シュルレアリスムの油絵「少女チコ」シリーズの作品なども展示し、上野さんの絵の世界を紹介します。

2.ねずみくんのチョッキと耳をプレゼント(なくなり次第終了)

会期中、小学生以下のご来場者様にねずみくんのチョッキと耳をプレゼント。ねずみくんになりきって展覧会をお楽しみいただけます。 ​

※ なくなり次第終了となります。


3.名場面"ねずみくんのチョッキブランコ“と写真を撮ろう

会場内には、読者から人気の高い名場面のフォトスポットを設置。お子さんやお友達と一緒に、写真撮影をお楽しみいただけます

4.自分で作る、書き下ろし絵本「ねずみくんのスタンプ」会場限定発売

オリジナルの一冊がつくれる絵本「ねずみくんのスタンプ」を会場限定で発売。この展覧会のために、なかえよしをさんが書き下ろした新作絵本です。

※ 絵本『ねずみくんのスタンプ』付きチケット(グッズ付チケット)については、ページ下部の展覧会概要をご覧下さい。 

※ 本作は、会場に設置された特製スタンプを押して完成させる絵本ですが、感染症対策として、当日はスタンプが印刷された紙を用意しお持ち帰りいただく場合もございます。


5.展覧会限定アニメーションを放映

本展会場内にて、なかえ先生が展覧会のために作成したオープニングアニメーションを上映します。

6.展覧会限定グッズ&図録販売

約200点の展覧会限定グッズをはじめとした、バラエティ豊かなねずみくんグッズが大集合。チョッキを着たキュートな図録も、展覧会会場限定で販売いたします。


【誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 なかえよしを・上野紀子の世界 展覧会】

■ 会期 :2020 年 9月10日(木)~9月27日(日) 11時~19時

※ 入場は閉場の30分前まで(最終日は17時閉場)

■ 会場 :横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース

■ 住所 :〒231-0001神奈川県横浜市中区新港1-1

■ 入場料:一般1000円(800円)、高校生800円(600円)、小中学生500円(400円)

    グッズ付入場券 一般1500円(1300円)、高校生1300円(1100円)、小中学生1000円(900円)

※ お客様の安全を確保する観点から、入場はすべて「日時指定制」となります。

詳細は以下リンクからご確認ください

https://www.poplar.co.jp/pr/nezumikun45th/exhibition/ticket.html

※ 未就学児は入場無料 ※( )内は前売料金。前売券9月9日(水)まで販売

■ 特設ウェブサイト: https://www.poplar.co.jp/pr/nezumikun45th/exhibition/

パパ、ママの皆さまへ

これは良いと思った記事は、ぜひ「シェア」して他の方にも教えてあげてくださいね。

国産パンプトラックの「Compact Pump」を集客施設向けに販売スタート!

”パンプトラック”とは、海外では、トランポリンや、ボルダリングなどと並ぶ「体験型スポーツ」としてメジャーな遊びの一つです。日本でも屋内外の遊びの多様化が進んでいることから、パンプトラックの国産ブランド「Compact Pump (コンパクトパンプ)」を開発し、集客施設向けに販売を開始することになりました。

0コメント

  • 1000 / 1000