東京・日本橋 過去最大級の大型展示となる、「アートアクアリウム美術館」オープン

アートアクアリウム製作委員会による、「アートアクアリウム美術館」が2020年8月28日(金)にオープンしました。

公式サイト:https://artaquarium.jp/


専用施設にて初の常設展を開業。過去最大級の大型展示

今年で14年目を迎え、1000万人の累計来場者数を誇る展覧会のアートアクアリウムは、作家・総合プロデューサーの木村英智が手掛け、アート・デザイン・エンターテインメントとアクアリウムを融合させた新感覚の美術館です。

この夏、専用施設にて初の常設展を開業。過去最大級の大型展示となります。


■こだわりの新エリア「老松」「愉悦」「土産」

過去最大規模の展示空間を活かして、各エリアごとにテーマを設け、それぞれの世界観で楽しめる新感覚の美術館になっています。

新エリアは、豪華絢爛な舞台やインテリアの中で、軽食やアルコールの楽しめる老松エリア「水戯庵ラウンジ」、和洋折衷をテーマに金魚スイーツ等が楽しめる愉悦エリア「華魚繚乱」、コラボスイーツほか商品多数の「土産」エリアと、会場全体で五感を楽しむことのできる空間となっています。


展示エリア一部ご紹介

【浮世】代表作“花魁”が作り上げる浮世の「花魁道中」

江戸時代に最も華やかで革新的な場所であった花街。その花街においても最も煌びやかで象徴的な瞬間は「花魁道中」です。その花魁道中を幾つものアートアクアリウムの代表作である大小様々な“花魁”によって構成した超大作。進化したライティングシステムと音響システムによって、今までにない臨場感を体感できます。


アースアクアリウム・ジャポニズム

水の惑星である地球を表現したアースアクアリウム・ジャポニズム。錦鯉が華麗に泳ぎ、宇宙から見た地球を、日本の美の神秘で包み込みます。 


セキテイリウム【新作】

「枯山水」から更に庭木などを限りなく無くしたのが「石庭」です。「セキテイリウム」は、究極のシンプルで表現された「石庭」において、一番最初に排した"水"を、最後まで残された"石"として表現し、その中に金魚を泳がせた、今までの庭造りの概念を覆す作品です。


丸窓リウム【新作】

茶室など古来より日本建築で用いられる円窓。それを覗いた先には、美しい光景が広がります。それは円窓の持つ雰囲気が更にその先の景色に想像力をかき立ててくれるのかもしれません。障子を開けると金魚が泳ぐ不思議な窓からは、非日常の世界が広がります。


まだ、残暑も厳しい日が続いています。屋内施設で、金魚アートを見ながら涼んでみては。


【アートアクアリウム美術館】

■ 公式サイト:https://artaquarium.jp/

■ 所在地:東京都中央区日本橋本町1丁目3番9号

■ アクセス:

東京メトロ 銀座線/半蔵門線「三越前駅」A1出口徒歩2分

東京メトロ 銀座線/東西線、都営浅草線「日本橋駅」D4出口 徒歩7分

JR総武線快速/横須賀線「新日本橋駅」5出口徒歩5分

■ 営業時間:10:00 ~22:00(変更になる場合がございます)

■ 休館日:年中無休 

※ メンテナンス及び特別イベントによる会場貸切により、不定期で休館することがございます。詳しくは公式サイトにて随時公開していきますので、必ずご来場前にご確認ください。



パパ、ママの皆さまへ

これは良いと思った記事は、ぜひ「シェア」して他の方にも教えてあげてくださいね。

国産パンプトラックの「Compact Pump」を集客施設向けに販売スタート!

”パンプトラック”とは、海外では、トランポリンや、ボルダリングなどと並ぶ「体験型スポーツ」としてメジャーな遊びの一つです。日本でも屋内外の遊びの多様化が進んでいることから、パンプトラックの国産ブランド「Compact Pump (コンパクトパンプ)」を開発し、集客施設向けに販売を開始することになりました。

0コメント

  • 1000 / 1000