7月3日運行スタート ディズニーリゾートライン新型車両「リゾートライナー(Type C)」

「ディズニーリゾートライン」が、2020年7月3日に新型車両「リゾートライナー(Type C)」を運行することが決まりました。

東京ディズニーリゾートに行くと、必ず目にするモノレール、「ディズニーリゾートライン」目的地へ連れて行ってくれるリゾートラインのかわいらしいモノレールに、ワクワクしながら目的地へ行くご家族もたくさんいらっしゃると思います。


ディズニーリゾートラインが開業したのは、2001年。今回開業以来、初めての新型車両が導入されます。新型車両のデビューは当初、5月となっていたところ、新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮して、延期となっていたところ両パークの再開もあり、7月3日に運行開始となったようです。


【気になる車内は?】

(先頭車両イメージ画像:東京ディズニーリゾート公式サイトより)

先頭車両にある展望席は、ベビーカーや車イスをご利用の方にも景観を楽しんでもらえるようなシートの形状に。

(車内イメージ画像:東京ディズニーリゾート公式サイトより

今まで同じ高さだったつり革が、3段階になったことで、子どもから大人まで楽しめるよう工夫。車両の特徴となっているミッキーフェイスの窓も大きくなるとのことです。

また、車内の幅・高さがともに広くなり、座席もロングシートへと変更されているそうなので、乗降りや車内環境もよく一部スペースはバイアフリーにも対応できるスペースを確保しているそうです。


新型車両「リゾートライナー(Type C)」は1編成(6両編成)を導入した後、2023年度末までに全5編成(30両)を導入する予定。

■「ディズニーリゾートライン」特設サイト

https://www.tokyodisneyresort.jp/fantasy/resortline/

パパ、ママの皆さまへ

これは良いと思った記事は、ぜひ「シェア」して他の方にも教えてあげてくださいね。

国産パンプトラックの「Compact Pump」を集客施設向けに販売スタート!

”パンプトラック”とは、海外では、トランポリンや、ボルダリングなどと並ぶ「体験型スポーツ」としてメジャーな遊びの一つです。日本でも屋内外の遊びの多様化が進んでいることから、パンプトラックの国産ブランド「Compact Pump (コンパクトパンプ)」を開発し、集客施設向けに販売を開始することになりました。

0コメント

  • 1000 / 1000