「すみだ水族館」に2つの新エリアが2020年7月16日にリニュアルオープン

すみだ水族館が開園後初の大規模リニューアル。2つの新エリアが2020年7月16日(木)にオープンします。

新しい「クラゲエリア」に水盤型の新体感水槽「ビッグシャーレ」

日本最大級となる、長径7メートルの楕円形の水盤水槽「ビッグシャーレ」で観察することができるクラゲは、すみだ水族館で生まれた約500匹のミズクラゲたち。


水槽の上から観察することで「海月(クラゲ)」の漢字の由来でもある“海中に浮かぶ月”のようなクラゲを、まるで海の上から観察しているような体感ができます。

飼育作業を間近に観察できる「アクアベース」

アクアスペースでは、「キッチン」「ラボ」の2つのオープンスペースで構成されます。

「キッチン」では、普段はバックヤードで準備する、ペンギンやチンアナゴ、大水槽の魚たちなどの食事の準備をみることができます。


クラゲの飼育設備や繁殖の様子が公開される「ラボ」では、今回初めて展示となる、ビゼンクラゲやキャノンボールジェリー、ブラックシーネットルなど、多くの種類のクラゲの繁殖活動に挑戦していきながら、クラゲに関する体験プログラムなども今後開催予定で、子どもから大人まで楽しめるエリアとなりそうです。

ビゼンクラゲ

ブラックシーネットル

キャノンボールジェリー


【すみだ水族館】

現在、すみだ水族館の入館は整理券で制限されております。詳細につきましては、以下のリンクからご確認ください。

 ■ 営業再開についてのお知らせ: https://www.sumida-aquarium.com/news/details/2276/#k1

■ 公式ウェブサイト:https://www.sumida-aquarium.com/



パパ、ママの皆さまへ

これは良いと思った記事は、ぜひ「シェア」して他の方にも教えてあげてくださいね。

「アクティブキッズマガジン」Youtubeチャンネルを開設しました。

0コメント

  • 1000 / 1000