塗り絵をしてみよう!ストライダージャパンが「オリジナルデザイン募集」

ストライダーの塗り絵をしてみよう!ストライダージャパンが運営する「すとらぼ」が「オリジナルデザイン募集」しています。

(ストライダージャパン:「すとらぼ」のウェブサイトのキャプチャ画面)


ストライダージャパンが運営する「すとらぼ」が、ストライダーの「塗り絵」画像を用意。「すとらぼ」サイトにストライダーの塗り絵をダウンロードするリンクが用意されています。

https://strider-labo.jp/topics/post-16852


ぜひ、興味のある方は塗り絵をダウンロードして印刷し、「オリジナルデザイン募集」に参加してみてください。


本企画の「募集期間」 2020年5⽉6⽇までとのことです。

View this post on Instagram

\大募集!ストライダーをデザインしよう/  #ストライダークリエイティ部 始動! 「創造力は止まらない」  ストライダークリエイティ部は、子どもの「考える・作る・生みだす」それぞれの力を引き出すことを目的としたプロジェクト!  今回は「デザイン編」。 理想のストライダーをデザインしてみよう!  投稿作品はストライダーのアートディレクターである鮎川先生からコメントが届くよ!  早速やってみよう!  【募集期間】  〜2020年5⽉6⽇まで   ■■■デザイン制作の手順■■■  STEP 1:ストライダーの塗り絵をダウンロードしよう  >>ダウンロードはすとらぼをチェック https://strider-labo.jp/topics/post-16852  STEP2:デザインテーマを決めよう デザインをスタートする前に、まずはデザインのテーマを決めてみよう!好きな本やモノ、見本になるものをお家で探してみてね。  STEP3:ストライダーをデザインしてみよう テーマが決まったら、さっそくデザイン開始!クレヨン、色鉛筆、絵具、折り紙…使うアイテムは何でも大丈夫。「自由に」そして「楽しく」デザインをしていこう。  STEP4:ハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿 ハッシュタグ#ストライダークリエイティ部 をつけてインスタグラムに投稿しよう! 投稿作品は、ストライダージャパン公式インスタグラムのストーリーズ上で、ストライダーのアートディレクターである鮎川先生からコメントが届くよ。  【投稿いただきたい内容】 ・作品の写真(お子様と一緒に撮影してください) ・デザインテーマ ・完成した作品についての⼀⾔ ・ハッシュタグ:#ストライダークリエイティ部  ■■■ 鮎川先生の紹介■■■  ストライダーのビジュアルや動画、広告物、イベント空間デザイン等の アウトプット領域を統括するアートディレクター。尊敬する⼈物は岡本太郎。2016年JR交通広告グランプリ サインボード部門 優秀作品賞の作品総監修。  【鮎川先⽣からのコメント】 みんな、最近は外で元気に遊びに行くこともできなくて、つまんないよね…。でも、またみんなで元気いっぱいストライダーに乗れる日がきっとやってくるよ!  さて、今日は先生といっしょにデザインを勉強してみよう!塗り絵のようで塗り絵じゃないよ。  デザインに大事なのはテーマ。そのテーマをまず考えてみよう。自分の好きな食べ物であったり、好きな人でもなんでもいいけど、好きなことをテーマにするのをおすすめするよ。  テーマが決まったら、そのテーマをおもいっきり表現してみよう!そのテーマはどんな色が似あうかな?いろいろ想像を膨らませてみよう!みんなの作品をまってるよ。  #ストライダークリエイティ部 #創造力は止まらない #カスタムストライダー #ストライダーカスタム #ストライダーに乗ろう #ストライダーキッズ #ストライダー #おうち時間 #おうち時間を楽しむ

A post shared by ストライダージャパン (@striderjapan) on

「すとらぼ」クリエイティ部

オリジナルデザイン募集

受付期間: 2020年5⽉6⽇までとのことです。

https://strider-labo.jp/topics/post-16852

パパ、ママの皆さまへ

これは良いと思った記事は、ぜひ「シェア」して他の方にも教えてあげてくださいね。

国産パンプトラックの「Compact Pump」を集客施設向けに販売スタート!

”パンプトラック”とは、海外では、トランポリンや、ボルダリングなどと並ぶ「体験型スポーツ」としてメジャーな遊びの一つです。日本でも屋内外の遊びの多様化が進んでいることから、パンプトラックの国産ブランド「Compact Pump (コンパクトパンプ)」を開発し、集客施設向けに販売を開始することになりました。

0コメント

  • 1000 / 1000