お台場「パンプトラック体験方法」をおさらい! お台場・ヴィーナスフォートでのCompact Pump体験エリアについて

10月中旬から来年1月11日まで、お台場ヴィーナスフォート1Fにて、国産パンプトラック「Compact Pump」を利用したパンプトラックのアトラクションエリアを「土日祝日限定」で運営中です。


ありがたい事に、リピーターさんもたくさん来てくださり、運営スタッフも、楽しむキッズたちから元気をもらいながら運営をしております。(体験いただいているファミリーの皆様には、感染症予防対策にもご協力いただいております。ありがとうございます)

ヴィーナスフォートへ遊びに来た際に、パンプトラックに目を留めて体験頂くお子さまもたくさんいらっしゃいます。


そこで、あらためて「おさらい」ということで、パンプトラック体験方法をご案内させていただきます。


①受付場所と、体験エリアが異なっています

お手数おかけして申し訳ありません…

パンプトラック体験の受付場所(お支払い)は、すぐ近くにある、ストライダー販売店の「コドモディーポ店舗」にて受付をしております。

お会計レシートをパンプトラック体験エリアにお持ちいただき、受付をさせていただきます。


②パンプトラック体験料金は2種類あります

パンプトラック体験料金は、「持込み」と「レンタル」の2種類の料金となります。

1.持込体験:550円(税込)

※ 持込アイテム5種(ランニングバイク・ヘルメット・グローブ・肘あて・膝あて)お待ち込みの場合、550円(税込)の料金で体験可能です。

ーー

2.レンタル体験:1,100円(税込)

※ランニングバイクのみレンタル。または、防具のみレンタルの場合も1,100(税込)の料金のご案内となります。


その他のご質問などは、FAQに掲載しておりますので、ご参考いただければと思います。

【パンプトラック体験概要】

■ 開催日:2020年1月11日までの毎週末土日祝

■ 時間:12:00-18:00(最終受付17:30)

■ 体験料金:30分

■ 体験可能年齢:2才〜5才


ーパンプトラックとは

「パンプトラック」とは起伏のある凹凸(おうとつ)のコースです。


特徴としては、自転車やスケートボード、キックボードなどで楽しめる凹凸のコースで、上級者になれば漕がずに、凹凸の上下時の”加重”を使って前進することができる”アメリカ発祥”のコースとなります。


元々は、バイクのモトクロス競技の一つのセクションとしてつくられた縦方向の山(凹凸)のことをパンプトラックと呼びました。


モトクロス競技から派生したBMX(バイシクルモトクロス)のレースの競技にも、そうしたパンプトラックセクションも設置されるようになり、2008年から自転車の五輪種目となった「BMXレース」でも、コースの最後の部分に「リズムセクション」と言われる直線状の「パンプトラック」のセクションが必ず用意されています。


「パンプトラック」は、Compact Pumpのように、仮説でつくるコースの他、常設のコースとしてコンクリート(アスファルト)状のコースや、ダート(土)でつくるコースがあります。


そして、そうした常設のコースの造成には多額のコストが発生したり、土のコースではコース維持に大変な労力がかかることから、今回、お台場ヴィーナスフォートでも利用している”持ち運び式”のパンプトラックとしてCompact Pumpを開発し、体験エリアにて利用しています。


Compact Pumpを体験いただいたお子さまを、アクティブキッズフェスタ公式インスタグラムにも掲載中!

instagram:https://www.instagram.com/activekidsfesta/

国産パンプトラックの「Compact Pump」

https://www.compact-pump.com/


関連記事

ヴィーナスフォートでのパンプトラック「Compact Pump」体験の利用者が11月末時点で600名を突破

https://www.compact-pump.com/posts/11807857

パパ、ママの皆さまへ

これは良いと思った記事は、ぜひ「シェア」して他の方にも教えてあげてくださいね。

国産パンプトラックの「Compact Pump」を集客施設向けに販売スタート!

”パンプトラック”とは、海外では、トランポリンや、ボルダリングなどと並ぶ「体験型スポーツ」としてメジャーな遊びの一つです。日本でも屋内外の遊びの多様化が進んでいることから、パンプトラックの国産ブランド「Compact Pump (コンパクトパンプ)」を開発し、集客施設向けに販売を開始することになりました。

0コメント

  • 1000 / 1000